Due to the COVID 19 epidemic, orders may be processed with a slight delay

Search

Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com
Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com

在庫あり

Ace031 1mg + Vitamin B12(1,500mcg/2ml) ampule



$56

**日本へのお客様**
もし発送品が税関で注射剤として見つかった場合、2020年より薬監証明の提示を求められます。
ご用意出来ない場合は発送元に返送する手続きを行ってください。
商品が当社に到着後、お知らせしますので再度発送料金をご入金頂いた後、再発送させていただきます。

**ただし、この商品は販売後の、返金には応じられませんのでご理解の上ご購入下さい。

Ace031 1mg + Vitamin B12(1,500mcg/2ml) ampule

ACE-031は、アクチビン受容体タイプIIB(ActRIIB)の可溶型です。ACE-031は、ミオスタチンおよびその他の筋肉量の負の調節因子に結合することにより、筋肉の成長を促進します。

ACE031 の摂取推奨量は体重1キロ当たり0.02〜3 mg / kgです。
ですので100キロ近い体重がある場合は、一度に最低2バイアル(2mg)の摂取が必要となります。
一般的には、1週間にIバイアル分を皮下注射もしくは筋肉注射で摂取します。
勿論コスト的に問題がなければより多い摂取量の方が効果は高いです。
また、サイクルとしては 8-10週間がベストといわれています。

また、マイオスタチン阻害剤を使用する事で、今まで扱って来た重量より高重量が扱える事になりますのでその事から腱や関節を痛みつける可能性があるので多くの方達は、ACE031とCJC1295DACをスタックして利用する事で関節や腱を回復させながらサイクルを組む事が多いです。

ACE-031はマイオスタチン阻害剤(GDF-8 –筋肉の成長を減速および抑制することができる物質)です。マイオスタチンをブロックすることにより、ACE-031はより速く、より大きく、より効率的なマッスルゲインをサポートします。

マイオスタチン(GDF-8 =成長分化因子8)は、ヒトではMSTN遺伝子によってコードされるタンパク質です。マイオスタチン(GDF-8)は、筋肉の成長を阻害するGDFタンパク質ファミリーに属しています。マイオスタチンタンパク質は、主に骨格筋細胞で産生され、血液中を循環して筋肉組織に作用します。これは、幹細胞の分化を遅らせます(そして新しい筋肉の大量生産を阻害します)。ただし、正確な作用機序は不明なままです。

マイオスタチンとその関連遺伝子は1997年に発見されました。遺伝学の医師であるSe-JinLee博士とAlexandraMcPherronは、2品種の牛、ベルジャンブルーとピエモンテ牛の異常な超巨大筋肉の原因がミオスタチン遺伝子に損傷を与えていることを発見しました(これらの牛の品種のこの筋肉の特徴は、「ダブルマッスル」として知られています。

彼らは、マイオスタチンを欠く変異マウスの系統を不自然に作り出した。その結果、これらの変異マウスは正常なマウスの約2倍の筋肉組織を持っていました。その後、これらのマウスは「マイティマウス」と名付けられました。モイスタチン遺伝子の変異は、体がそれ自身のマイオスタチンを生成することができなくなり、マイオスタチンは筋肉の成長を阻害することができなくなります。

その後、これらの突然変異は新しい筋肉の牛の品種を繁殖させるために使用され始めました。筋静止遺伝子の遺伝的変異は、グレイハウンド(ウィペット)に密接に関連するレーシング犬の品種でも観察されました。マイオスタチン遺伝子変異を有する個体は、明らかにより有能なランナーであり、それらは異なる全体的な外観を特徴としていた。マイオスタチンを欠く動物、またはマイオスタチン活性をブロックするドーピング物質(例えば、フォリスタチンなど)で治療された動物は、著しく大きな筋肉を持っていることは論争の余地がありません。マイオスタチンレベルの20%の減少でさえ、筋肉の発達に大きな影響を及ぼします。

2004年、ドイツ人の少年は、マイオスタチン産生遺伝子の両方のコピーに変異があると診断され、同級生よりもかなり強くなりました。少年が成長するにつれて、彼は仲間よりも強くなっています。マイオスタチンの欠如は、彼の全体的な健康状態にまだ反映されていません。医師は、万が一の場合に備えて、彼を注意深く観察し続ける必要があります。彼が重要な臓器の肥大(心臓肥大など)を発症する可能性がある場合です。元女性スプリンターである彼の母親は、遺伝子の1つのコピーにのみ突然変異を持っています。各細胞のMSTN遺伝子の両方のコピーに変異がある人(ホモ接合体)は、一般の人よりも筋肉量と筋力が大幅に増加しています。したがって、それらは標準レベルよりも強く見えます。各細胞のMSTN遺伝子の1つのコピーに変異がある人(ヘテロ接合体)も筋肉量が増加していますが、程度は低くなっています。

2013年、Acceleron Pharmaは、45〜75歳の48人の健康な女性に体重1 kgあたり0.02、0.05、0.1、0.3、1、または3mgのACE-031を含む単回注射を行ったヒト研究の結果を発表しました。単回注射は筋肉の成長につながりました。 3 mg / kgの投与量は、筋肉量を5%増加させ、除脂肪体重を3%増加させ、さらに脂肪量も減少させたようです。注射はレプチン濃度も下げます。これは、ACE-031が脂肪量レベルを積極的に減少させることを示唆しています。 ACE-031は投与後数週間まで体内に残り、半減期は10〜15日と推定されました。

マイオスタチン阻害は、筋肉の過形成(新しい筋線維の成長)と著しく大きな肥大(既存の筋線維の成長と体積の増加)を引き起こします。この観点から、これらの製品は、筋肉の成長の増加を目指すスポーツマンにとって、本当に大きな将来の可能性を秘めています。

おそらく、これまでで最高のボディービルダーの1人である驚異的なフレックスウィーラーにもマイオスタチンが不足しているかと思います。

ACE-031を使用した場合の効果。

ACE-031は、オキシメトロンなどの最も効率的なハードコアボリュームステロイドでさえも競合する可能性のある筋肉量と筋力の大幅な増加を引き起こします。

ACE-031を服用すると、筋肉の硬さが急速かつほぼ即座に増加します

ACE-031は脂肪燃焼を促進します

投薬量:

1mgの少量のACE-031でも実質的な効果があります。 1 mgのACE-031を週に1回、6〜10週間服用しているスポーツマンは、筋肉の硬度がほぼ即座に増加し、筋肉量と筋力が急速に増加し、最も効率的なハードコアボリュームであるアナボリックアンドロゲン剤のオキシメトロンなどのステロイドを超えると報告しています。
***
本来人での実験では0.02-3㎎/Kgですので、本来でしたら最低でも90㎏の人でしたら90x0.02=1.8㎎の注射が推奨されております。
***

別の投与オプションは、1日あたり200mcgのACE-031の投与量から始めて、毎週投与量を100mcgずつ増やすことも出来ますが、この投与方法を3,4週間続けます。

ACE-031のサイクルが完了したら、2週間の休憩をお勧めします。

Back to Top
Product has been added to your cart