Due to the COVID 19 epidemic, orders may be processed with a slight delay

Search

Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com
Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com

Out of stock

IGTROPIN IGF-1 LR-3  100mcg x 10 Vials + Injection water ample



$200

**日本へのお客様**
注射剤として発送品が税関で見つかった場合、2020年より薬監証明の提示を求められます。
薬監証明ご用意出来ない場合は発送元に返送する手続きを行ってください。商品が当社に到着後、お知らせしますので再度発送料金をご入金頂いた後、再発送させていただきます。

**この商品は販売後の、返金には応じられませんのでご理解の上ご購入下さい。

IGTROPIN !!イグトロピン(Long-R3 IGF-1)

ブランド名:イグトロピン。
一般名:IGtropin IGF-1LR3。
有効成分:Long-R3IGF-1。

この製品の最新の処方はLong-R3IGF-1です。
このフォーミュラは化学的に改良されており、アミノ酸の偏差があり、人体のタンパク質への固定を回避するためにこのフォーミュラを引き起こし、このフォーミュラの半減期を約20〜30時間延長されています。

イグトロピン(Long-R3 IGF-1)の効果
-改善されたアミノ酸輸送細胞
-グルコース輸送の増加
-拡大されたタンパク質合成
-タンパク質分解の減少
-拡大されたRNA合成

イグトロピン(Long-R3 IGF-1)が活発な場合、イグトロピン(Long-R3 IGF-1)は筋肉細胞のさまざまな種類の組織で異なる働きをし、細胞成分に関連するタンパク質も刺激されます。

この薬は筋肉の強化に重要な役割を果たしています。イグトロピン(Long-R3 IGF-1)は、オートクリン-パラクリンモードで幹細胞の増殖と識別の両方を引き起こしますが、分化をはるかに促進します。イグトロピン(Long-R3 IGF-1)は、局所的に注射されると、衛星細胞の動き、筋肉のDNA、筋肉のタンパク質含有量、筋肉の重量、筋肉の断面積を成長させます。イグトロピン(Long-R3 IGF-1)の重要性は、筋肉の物理的負荷と組み合わせると成長の発達剤として実際に光沢がありますが、そのすべての見かけの効果が過剰の有無にかかわらず筋肉の成長を誘発するように作用するという事実にあります。

タンパク質の生成は、エネルギー源としてのアミノ酸吸収とともに増強されます。この薬は、脂肪を動員して脂肪筋のエネルギーとして使用します。痩せた筋肉では、イグトロピン(Long-R3 IGF-1)は、インスリンが細胞組織全体にブドウ糖を運ぶのを防ぎます。その結果、細胞はエネルギー源として脂肪を燃焼するように変化する必要があります。この薬はまた、人間の死体のインスリンを模倣します。それは筋肉をインスリン反応に対してより敏感にするので、あなたが現在インスリンを服用している患者であれば、イグトロピン(Long-R3 IGF-1)がインスリンを維持するのと同じ効果を完了するために適切なマージンで用量を最小限に抑えることができますあなたを太らせることから。おそらく、それが人体にもたらす最も好奇心が強く力強い結果は、細胞の実際の分裂である過形成を引き起こす能力です。

筋肥大はウェイトトレーニング中に起こることです。それは単に筋肉細胞の次元の上昇です。思春期後、あなたは規則的な数の筋肉細胞を持っています、そしてあなたがすることができるのはこれらの筋肉細胞のサイズを訓練することだけです、あなたは実際にはそれ以上得ません。しかし、この準備の使用により、筋肉に存在する筋肉細胞の数を実際に増加させるこの過形成を上昇させることができます。また、大量トレーニングを通じて、これらの新しい細胞を成熟させることができます。つまり、それらを成長させ、より強くすることができます。したがって、この薬が実際にあなたの遺伝を調整する方法で、遺伝子レベルで存在する細胞のカテゴリーの数を区別し、より多くの筋肉密度と寸法を構築するために個人の適性を調整する可能性があります。

イグトロピン(Long-R3 IGF-1)投与量:

この薬はインスリン様成長因子1の略で、分子構造がインスリンに匹敵します。イグトロピン(Long-R3 IGF-1)は、小児期の成長に重要な役割を果たし、成長した人々に同化作用をもたらし続けます。このフォームは、人体で製造される通常の成分であり、思春期でも最高の自然レベルにあります。若者では、これらの数年間に見られた自然な筋肉の進歩に最大の責任があります。この薬が人体に及ぼす多くの変化した効果があります。イグトロピン(Long-R3 IGF-1)のコースの現在の最適な長さは、50日オンと20〜40日オフです。

Long-R3 IGF-1を取り巻く最も不一致は、IGFの有効量です。最も使用される用量は、毎日50mcgから150mcgの範囲です。 IGFはミリグラム単位で取得できます。2.5mgは1日50mcgで50日コース、3mgは1日60mcgで50日コース、5mgは1日100mcgで50日サイクル、7.5mgは1日150mcgで50日間コース分になります。 基本的にあなたが費やさなければならない金額を中心に行えるサイクルを考慮して下さい。多くの人が1日あたり使用量の100mcgを選び、その結果に満足しています。

IGF-1LR3を使用する使用量は

一日50mcgですと20日間で1箱という計算になります。
一日100mcgですと10日間で1箱が必要となります。

必要となるシリンジは使用する日数分で良いかと思います。
それと使用する針はIGF-1LR3の皮下注射での摂取の場合でしたら、27G 1/2の針を使用し必要なシリンジの倍の量をご準備ください。
何故なら針1つはバイアルへ注入したり吸い上げる用に使用して、実際に注射する際は新しい針で注射する為です。
Q:
IGF-1LR3,IGF1DESそれぞれの注射タイミング

(朝打つ場合は注射後も空腹にすべきか, 筋肉に打つ場合はトレーニングをする何時間前か後か等)
A:
LR3は
現在の主流は一日1回朝の起床後直ぐの空腹時にアミノ酸ドリンクだけ飲んで皮下注射してから一時間くらいしてから通常通りの朝食を取るようにします。
DESは朝の起床後直ぐにと、お昼とトレーニング直前と晩に4回に分けて注射摂取する事が最も効果的です。
かならずその日とレーニンングする筋群に向けて、もしくは弱点箇所に向けて注射します。
Q:
IGF-1LR3は皮下と筋注でどう効能が違うのか?
A:
LR3は以前までは筋肉注射で朝の起床後すぐにとトレーニング直後に筋肉注射して摂取されておりましたが
現在ではLR3ではなくDESの方が筋肉注射する事で局所肥大効果が高いことが分かっておりますので
LR3は長い半減期を持つ製剤ですので、朝の起床後直ぐに一日一回での皮下注射が主流となっております。
Q:
低血糖に陥らないための対策
A:
しっかりと、複合炭水化物を食べる事とブドウ糖などを常に携帯して低血糖症状のような汗がでたり、不安要素が現れた場合でもすぐに口にブドウ糖を
含ませて対応できるようにする必要があります。

IGF-1LR3もIGF-1DES同様の使用方法でも十二分に効果を発揮します。
またサイトインジェクションによる局所肥大についての薬効ですが以前までは
IGF-1LR3の局所肥大化が話題になっておりましたが、最近では局所肥大については
IGF-1DESとPEG-MGFのみが主流となっております。

LR3で局所肥大目指すなら浅野起床後すぐ似た後トレーニング直後に対象筋肉に注射します。

しかし目的としている筋群へ注射することで、効果の出現も早まるということはありますので
大胸筋、三角筋、三頭筋など特に発達させたい個所への注射は良い方法です。

IGF-1DESとIGF-1LR3の大きな違いは薬効時間にあります。
IGF-1LR3は薬効時間が長いため、最近では一日に一回皮下注射での接種で体内のすべての筋群へ
効果を発揮させる方法がよくとられています。

IGF-1DESは薬効時間が短いので、体内に流れて効果を発揮させたい個所にすぐに薬剤が到着することを目的に
サイトインジェクションを行います。
PEG-MGFはトレーニングで傷んだ筋群への修復という働きを狙って筋肥大へと導くので、
筋トレ後にその筋群へ注射して利用するのです。

Back to Top
Product has been added to your cart