Due to the COVID 19 epidemic, orders may be processed with a slight delay

Search

Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com
Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com

残り在庫5個

TB-500 10mg + Injection water ampule



$70

**日本へのお客様**
もし発送品が税関で注射剤として見つかった場合、2020年より薬監証明の提示を求められます。
ご用意出来ない場合は発送元に返送する手続きを行ってください。
商品が当社に到着後、お知らせしますので再度発送料金をご入金頂いた後、再発送させていただきます。

**ただし、この商品は販売後の、返金には応じられませんのでご理解の上ご購入下さい。

TB-500 10mg + Injection water ampule
TB-500ペプチド(Thymosin Beta 4)
TB-500は、サイモシンベータ4(TB4)として知られる、ほぼすべてのヒトおよび哺乳類細胞に存在する天然に存在する治癒タンパク質の合成ペプチドバージョンです。研究によると、TB 500は、創傷治癒、損傷の回復、柔軟性、および炎症に有益な効果があることが示されています。これらの望ましい効果は、血球と血管の発達、細胞分化、および細胞移動に対するTB500の影響によって達成されます。その治癒能力の大部分は、治癒と創傷修復に不可欠な細胞構築タンパク質であるアクチンのペプチドによる調節に由来しています。
TB-500投与量
TB500は、凍結乾燥(凍結乾燥)粉末として提供されます。研究によると、静菌性塩化ナトリウム0.9%を使用してサイモシンペプチドを再構成すると、最良の結果が得られることが示されています。 TB 500の投与量は、1週間あたり5mgから20mgの範囲です。投与は一般的に週に2〜3回の注射に分けられます。ペプチドがシステムに蓄積されると、週投与量は通常、元の週投与量の約半分以下の維持投与量に少し下げられます。維持量の投与は週に1回行うことができます。
怪我の回復
TB-500サイクルこのTB500プロトコルは、合計60mg(12 x 5mgバイアル)を使用し、5週間の回復フェーズとそれに続く2週間のメンテナンスフェーズがあります。
回復フェーズ
(第1週から第5週)
月曜日:TB-500 5mg
木曜日:TB-500 5mg
メンテナンスフェーズ(第6週から第7週)
月曜日:TB-500 5mg
回復期:1週目から5週目まで、1週間の総投与量10mgは、最適な治癒と回復のために動物のサイモシンベータ4の好ましい濃度を促進します。これにより、十分なレベルが達成され、完全な回復のメリットが得られます。
メンテナンスフェーズ:第6週と第7週は、TB500傷害回復サイクルのメンテナンス部分です。ここでは、5mgの1回の投与が1週間動物に与えられます。この例は7週目に終了しますが、このプロトコルのメンテナンス部分は、動物に治癒効果が望まれる限り継続できます。
トータルボディーリペア(全身のケア)
TB-500 + BPC-157サイクル
このプロトコルでは、合計60mgのTB-500(12 x 5mgバイアル)と30mgのBPC-157(6 x 5mgバイアル)を使用し、4週間の回復フェーズとそれに続く4週間のメンテナンスフェーズを行います。 BPC-157の投与量はマイクログラム(mcg)であることに注意してください。
回復フェーズ
(第1週から第4週)
月曜日:TB-500 5mg / BPC-157 700mcg
火曜日と水曜日:BPC-157 700mcg
木曜日:TB-500 5mg / BPC-157 700mcg
金曜日、土曜日、日曜日:BPC-157 700mcg
メンテナンスフェーズ(第5週から第8週)
月曜日:TB-500 5mg / BPC-157 350mcg
火曜日-日曜日:BPC-157 350mcg
回復期:1週目から4週目まで、週に合計10mgのTB-500を投与すると、最適な治癒と回復のために動物にチモシンベータ-4が蓄積します。週に4.9mg(4,900mcg)のBPC-157の総投与量は、回復をさらに刺激し、動物の関節、腱、靭帯の治癒をさらにサポートします。
メンテナンスフェーズ:第5週は、全身修復サイクルのメンテナンス部分を開始します。週用量は5mg TB-500、週合計用量は2.45mg(2,450mcg)BPC-157です。これは8週目まで続きます。前の例のように、有益な効果が望まれる限り、維持プロトコルは動物のために続けることができます。
TB500は通常皮下注射されますが、必要に応じて筋肉に注射することもできます。
TB 500の保管方法:製品は、湿気のない環境で室温で保管してください。バイアルは光から遮断する必要があります。開封したバイアルは最大8日間冷蔵保存できます。
TB-500とは
TB 500の研究は、皮膚、角膜、心臓の創傷の修復を促進するサイモシンベータ4の潜在的な有効性に関する世界的な一連の臨床試験の推進力となった複数の特性を示しています。サイモシンベータ4は胸腺で産生され、創傷液に高濃度で見られます。そのようなものとして、それは体内の損傷した組織の治癒を促進することが観察されています。
TB-500は、血小板、創傷液、その他の組織に高濃度で見られる天然ペプチドです。研究用のTB-500ペプチドは成長因子ではありません。タンパク質ペプチドを調節するかなり主要なアクチン。 TB 500は、損傷した組織や損傷した組織の保護、再生、リモデリングに重要な役割を果たすことがわかっています。サイモシンベータ-4の遺伝子はまた、怪我の事件の後に刺激された最初の遺伝子の1つであることがわかっています。
ほぼすべてのヒトおよび動物細胞に存在するサイモシンベータ4は、天然に存在する創傷治癒ペプチドです。 TB 500は、TB4の合成バージョンであり、新しい血管、筋肉組織繊維、血球の構築を助け、細胞の移動を促進することにより、治癒と回復を促進します。過労または負傷した個人に対して、TB500は非常に魅力的な創傷治癒効果を提供します。
TB 500はどのように効果を発揮しますか?TB 500は、アクチンに影響を与えることで回復を助けることができます。 TB 500は、この細胞タンパク質をアップレギュレートすることにより、アクチンのプラスの効果を利用することができます。これらには、細胞の移動と増殖の促進が含まれます。その結果、新しい血管が形成され、炎症を調節して、治癒と回復を最適化することができます。さらに、TB 500の独自の分子構造により、体内を長距離移動することができます。これにより、「全身」効果を発揮し、怪我をしている体の領域を探して助けます。 TB 500投与のさらに有益な結果には、炎症の軽減と柔軟性の向上が含まれます。髪の再成長と黒ずみの報告さえあります。
TB 500の副作用にはどのようなものがありますか?Tb500の使用には、回復の促進、炎症の軽減、柔軟性の向上など、多くのプラスの効果があります。ペプチドは非常に効果的に作用して、結合組織、つまり腱や靭帯などの治癒の遅い損傷の回復を助けます。筋肉の怪我や皮膚の怪我も大いに助けられます。世界中のユーザーや研究者からの報告によると、TB 500は、深刻な負の副作用を引き起こすことはほとんどないようです。
ほとんどのペプチドは、一般的に注射時に立ちくらみや吐き気を引き起こす可能性があります。また、インフルエンザのような症状は、他の多くのペプチドにもよく見られます。しかし、TB500投与で発生するこれらの負の副作用の発生率は、あったとしても非常に低いと報告されています。 TB 500は、ユーザーの間で非常に忍容性の高いペプチドのようです。
このウェブサイトに掲載されている情報は、主治医のアドバイスに代わるものではなく、病気の診断、治療、治癒、予防を目的としたものでもありません。
Back to Top
Product has been added to your cart